野田市では、市民の子育てをサポートします

子育て支援

Image Photo

野田市では、市民の子育てをサポートしています。

地域の安全と市民の安心ために、野田市ではIT技術を活用した防犯システムの構築や、 全国初の市設置型の交番「まめばん」など新しい試みを開始しています。 さらに市民の子育てを支援するために、ネットワーク環境や人的サポートの充実を図っています。

Image Photo

野田市安全安心メール「まめメール」

野田市教育委員会では、子どもの安全を守るために、学校や警察からの不審者情報、犯罪情報について、保護者等の携帯電話やパソコンにメールの一斉配信を行っています。メール配信を希望する保護者等を対象に、登録したアドレスへ不審者情報等を、通報があった際にメールにより早急に配信するものです。

地域に安心を!「まめばん」&「青色灯パトカー」

野田市は2006年10月から警察官OBがパトロールや防犯相談などにあたる安全安心ステーション「まめばん」を開設しました。これは人口が増加し、地元から交番設置の要望が出ていたのに対し設置の実現に時間がかかるため、交番に準じた施設「市営交番」として市が独自に設置すること、としたものです。小学生たちが下校する午後2時から住民の帰宅が終わる午後11時の間は、警察官OBの「防犯推進員」1人が駐在して地域の安全監視や防犯相談を行っています。また地区内を警察署から特別に許可をもらった「青色灯パトカー」が巡回し、警察や地域の自主防犯組織との連携も行うことにしています。

※野田市では地域の要望、または必要性に応じて「まめばん」の設置箇所を検討しています。

インターネット、ITを活用した子育て支援事業をしています。

野田市ホームページ

すこやかな成長を育む自然環境に加え、 保育園、教育施設も充実

毎週火曜日に外国人教師による英語の授業がある市立清水台小学校と、 全国大会で優秀賞に輝いた吹奏楽部をはじめ部活動も活発な市立岩名中学校が通学区。 ともに歩いて通える距離にあり、比較的安全な通学ルートとなっています。さらに、市立の保育所や私立の保育園、市立・私立の幼稚園が数多く点在。 また、学習塾や各種スクールも多彩に揃っています。しかし、それにも増して、清水公園や江戸川堤の豊かな自然環境が、 すこやかな成長にとって何よりの“学校”といえるでしょう。

教育施設マップ

ページ上部へ